障害

3つの試験管の中に二重螺旋状の物が入ったイラスト
1,175view

2018/11/20

切迫流産でも羊水検査を前向きに考えるべき妊婦さんの5つの特徴

こんにちは、HIKOです。 30代中頃から40代で妊娠すると、流産や早産のリスクが20代に比べ高い傾向にあります。これは細胞の老化によるものが主な原因で、ダウン症などの先天性疾患や奇形など障害を招く可能性も出産年齢に比例して高くなります。『切迫流産や切迫早産になるとダウン症や障害になるのでは…』という心配の声が聞かれますが、切迫流産・早産になっても、ならなくてもその事だけでダウン症や障害のリスクを判断する事はできません。 関連 切迫流産では排除しきれないダウン症とその発症原因 そこで先天性疾患や障害などを ...

牛に手を差し出す眼鏡をかけた女の子の後ろ姿
8,200view

2018/11/25

切迫流産では排除しきれないダウン症の発症と2つの原因

妊娠中に出血やお腹の張りなどの症状から切迫流産や切迫早産と診断される事があります。『出産できるんだろうか…』という不安以外にも、『ダウン症(正式名称はダウン症候群)などの障害は大丈夫だろうか…』といった不安が募ります。ダウン症は染色体異常が原因で起こる遺伝子疾患です。この記事では切迫流産とダウン症の関係、ダウン症薬の及ぼす影響についてご紹介します。

Copyright© 切迫流産はあなたのせいじゃない! , 2019 All Rights Reserved.