切迫流産は貴女のせいじゃない!切迫流産総合情報サイト

もう責めない!切迫流産のすすめ

切迫流産(TOPページ)

妊娠初期に出血などの症状があると切迫流産と診断されることがあります。

切迫流産とは流産するかもしれない危険な状態ですが、経過次第では妊娠継続・出産も可能な状態の事です。

この記事では以下のことについて書いています。関連記事を一緒に掲載しています。興味のある記事はリンクより読み進めてください。 )

スポンサーリンク





切迫流産の原因は何?

三角の注意の標識。中に妊婦と赤ちゃんのイラスト 妊娠女性の約15%が経験する流産ですが、実はその原因は不明な物が多いのが実情です。

切迫流産から胎児が亡くなると原因として伝えられるのは以下の理由が一般的です。

  • 胎児の染色体異常
  • 母体の疾患
  • 感染性ウイルス
  • 性器の異常
  • 催奇形因子

切迫流産の原因は妊娠週数によって胎児側の原因と、母体側の原因に分ける事ができ、対応にも違いがあります。


切迫流産の原因は胎児

妊娠中の流産は最初の3ヶ月(妊娠12週未満)に最も多く起こります。

この最初の3ヶ月の間に起こる切迫流産の原因は染色体異常など、胎児側の原因によるものが多く、逆に言えばこの3ヶ月間を乗り越えられるかが1つの山場となります。

切迫流産の原因となる染色体異常は両親に転座がある事でおこります。

それ以外の原因としては高齢での妊娠によっても染色体異常のリスクは高くなります。


+ 関連記事についてはここをクリック


切迫流産は母体が原因とは?

妊娠4〜6ヶ月(妊娠12〜24週未満)で起こる切迫流産の原因は母体によるものが殆どです。

病気では妊娠前から以下の疾患があると切迫流産のリスクを高めます。

  • 糖尿病
  • 重度の高血圧
  • 腎臓病
  • 甲状腺の慢性疾患

この他にも妊娠中に生産されるホルモン(hCG)が不足していると胎児が成長せず切迫流産になります。

妊娠中は感染症にも注意が必要です。

サイトメガロウイルスやマイコプラズマなどのウイルス感染は切迫流産のリスクを高めます。

女性の2割で発生する子宮筋腫や子宮の異常、子宮頸部の強度不足、胎盤の異常も妊娠継続を妨げる要因となります。

日常の身近な原因には以下の物があります。

  • 過度のカフェイン摂取
  • アルコールの摂取
  • 喫煙
  • (薬物)の服用
上記の原因は切迫流産のリスクを高めるだけでなく、赤ちゃんの奇形や障害を招く可能性があります。


切迫流産の症状?

熊と猿の人形と水枕、体温計、ティッシュ

切迫流産の症状には膣からの出血や腹痛、お腹の張りや痙攣などの症状があります。

出血量が多かったり、痛みが強かったりすると流産になる可能性は高いと考えますが100%そうなる訳ではありません。

症状として多い出血は出血箇所や出血してからの時間経過によって、血の色や状態は異なります。

また痛みやお腹の張りもお腹の片側や両側、または中間や下腹部など様々な箇所で起こります。

症状としては一般的では無いものの、腰の痛みやお尻、性器の痛みを感じる場合もあります。

出血などの症状が断続的に続いている場合『いつもとは違う!』といった変化に気づける事も受診のタイミングを探るうえで大切です。

症状がいつから、どの場所でどの程度の頻度や強さで起こっているのかをしっかり把握しておく事で、受診の判断や症状を正確に伝えることにも役立ちます。


切迫流産の受診タイミング

カルテの上に聴診器とボールペン

妊娠中に出血や腹痛など切迫流産の症状があれば、かかりつけの病院で見てもらう必要があります。

掛かりつけの医療機関がない場合は、近くの産婦人科や夜間であれば救急での速やかな受診が必要となります。

以下に受診の目安を示しています。

  • 1時間に何度もナプキンを変える必要があるような出血がある場合
  • 痙攣がある場合
  • 発熱や嘔気・嘔吐がある場合
  • 以前に子宮外妊娠や子宮の手術、人工中絶を受けたことのある方の出血

受診すべきかどうか悩みが尽きない場合や、診療可能な医療機関が分からない場合は#7119(固定電話・携帯からも可能)でアドバイスがもらえます。緊急な場合は119番に連絡しましょう。


切迫流産の診察内容

青の手術着を着て聴診器を持つ女性

切迫流産の診察では、専門の医師が質問や内診、採血や採尿を行い母子の状態を判断します。


切迫流産での医師の質問例

紐に吊るされた7つの黄色い玉のそれぞれに『what,who,when,where,how,why,?』の文字がかかれている
  • 妊娠何週目ですか?
    (妊娠週数が分かると原因や対応、胎児の状態がわかる。)
  • 最終月経はいつですか?
    (最終月経から現在妊娠何週目かが分かる)
  • 今まで妊娠したことはありますか?
  • 子供さんは何人いますか?
  • 今までに流産の経験はありますか?ある場合は何回ですか?(習慣性流産の可能性)
  • 子宮外妊娠と診断されたことはありますか?
    (子宮外妊娠は繰り返す場合がある)
  • どんな方法の避妊をしていましたか?
    (子宮内避妊具は不正出血や過多月経、子宮外妊娠を起こす可能性がある。)
  • 超音波検査(エコー検査)で赤ちゃんが正しい位置にあることが確認できていますか?
  • 妊娠に影響を与える疾患などがありますか?
    (糖尿病や高血圧、腎臓病は切迫流産のリスクを高くします。)
  • 現在飲んでいる薬はありますか?
    (妊娠中の薬の服用や薬物の乱用は胎児に奇形や障害を起こさせる要因となる。)

切迫流産の診察

ロングヘアーの女医さんが首にかかっていた聴診器を持ったままこちらの様子を伺っている

切迫流産の診察も妊娠中の診察と大きな違いはありません。

内診では医師の視診や触診(双合診)、または経腟プローブという超音波検査器具を使い赤ちゃんや子宮の状態を観察します。

+ 双合診とは?

双合診は触診の1つで、超音波検査ではわからない圧痛や移動痛、内性器の硬さの異常を診断するための方法です。片手の指は膣内もしくは肛門に挿入し、もう片方の手で下腹部から圧迫し子宮の状態や卵巣・卵管の腫れや癒着を診察します。

+ 経腟プローブとは?

お腹中の赤ちゃんの様子は外部からは分かりません。

お腹の中を見る方法はいろいろありますが、安全性と簡易性の観点から産婦人科では超音波(エコー)を発生する装置(プローブ)を使って赤ちゃんの状態を観察します。

プローブには腹部に当てるものと膣に挿入して使うものがあります。

3,502view
妊婦さんがお腹の上下に手を添えている。お腹に赤ちゃんの影が映る
切迫流産もわかる?超音波エコー検査の秘密

2017年9月20日のヒルナンデスでも紹介されていた慢性膵炎もわかる超音波検査(以下、エコー検査)。もちろん切迫流産もエコー検査で確認できます。この記事では産婦人科でなぜエコー検査が使われるのか?(体 ...


内診でわかること

診察台で横になる人型とナースキャップを被る人型
  • 子宮頸管の長さや状態(軟化)から出産時期やお産の準備がどれくらい整っているのかがわかる。

    + 子宮頸管とは?

    下の画像のように子宮の下部にあります。
    この子宮頚管の長さは平均3.5〜4cm以上に保たれていますが、お産が進むにつれ短くなっていきます。

    子宮と膣、卵巣、卵管と子宮頸管
    www.weblio.jp

    またを観察することで感染症の有無を確認をしています。

  • 出血があれば出血跡がわかる
  • 膣や粘膜、おりものの状態から感染症がわかる
  • 子宮口が開いていればすでに流産しまった事もわかる

切迫流産で使える薬

グラスから薬が溢れ宙を舞う様子

妊娠中の服薬は赤ちゃんに障害が出る可能性がある為、使用には注意が必要です。

市販の風邪薬ですら奇形のリスクがあります。

特に生理痛で日頃から解熱鎮痛剤(痛み止や熱冷まし)を服用している方は気づかない間に妊娠、誤って薬を飲んでしまったという事の無いように以下の解熱鎮痛剤には注意が必要です。

  • ロキソニンS(ロキソプロフェン)
  • イブ〇〇(イブプロフェン)
  • バファリン(アスピリン)

妊娠中でも服用できるのは医師により処方された薬で、発熱時に処方されるカロナール(アセトアミノフェン)は妊娠中でも安全に服用できます。


切迫流産の治療

14個のネジの中に車や薬のアイコン

切迫流産の原因は妊娠周期により胎児側が原因の場合と母体側が原因の場合に分かれます。

胎児が原因の場合、科学的根拠が立証された治療法は残念ながらありません。

その為治療というものはなく、運動や仕事をセーブし安静が主な対応となります。(医師によっては張り止めや止血剤など積極的な治療をする場合もあります。)

ただ安静にしていたからと言って治るものでもありません。

管理人:えりこ
要は結果待ちの状態なんです。

反対に母体が原因の場合はどうかというと、原因により色々な治療方法があります。

ただ治療を行うことで、流産や早産、胎児に障害などのリスクが高いと判断される場合は、病気の治療は妊娠中には行われません。

この辺の判断は赤ちゃんに対する治療の影響と病気を放置しておくことによる母体への影響、本人や家族の意向を総合的に判断し対応が決定されます。

例えば母体ががんに侵されている場合、抗がん剤治療を優先して赤ちゃんを諦めるのか、赤ちゃんを優先し出産後に治療をするのかといった場合が考えられます。

この他にも赤ちゃんが亡くなった場合に治療(手術)が行われることがあります。


切迫流産の手術方法

手術着を着た3人の人

切迫流産で子宮外妊娠や流産となった場合、手術となる場合があります。


子宮外妊娠から手術となる場合

臍の緒が繋がった赤ちゃんの横向きのイメージ

子宮外妊娠では全てが手術の対象では無いものの、卵管破裂や極度の癒着などがある場合に手術が選択されます。

着床部位、腹腔内部の状態、緊急性、今後のライフプランにより卵管線状切開術や卵管切除術が選択されます。


流産から手術となる場合

手術道具

流産には手術が必要なものと、そうでないものがあります。

不完全流産など子宮内に胎児や胎盤の元となる物が残ってしまい、自然な排出が望めない場合は子宮内除去術(子宮内搔把術)という方法で子宮内容物を取り除く手術を行います。

ただ通常の手術の様にお腹を切って開く(開腹)訳でなく、ラミナリア桿(かん)という器具で子宮口を開き、開いた子宮口から胎盤鉗子やキューレットを挿入し除去を行います。

子宮内除去術では一緒に起こる合併症として子宮穿孔(子宮に穴があく事)や出血、感染症が起こる可能性があります。

子宮穿孔によりお腹の中で出血が認められた場合は開腹手術や腹腔鏡手術で穴の空いている箇所を修復します。


切迫流産の経過観察

白衣を着た人が女性の血圧を測る

切迫流産では『(自宅でor入院して)安静にしてください』となる事がよくあります。

安静の重要度は妊娠週数によっても違いますが、安静にしていたからといって流産を防ぐ事は残念ながらできません。

妊娠の継続には一定量のhCGと胎嚢、胎児心拍の確認が必要不可欠です。

妊娠初期の切迫流産で上記が確認ができない場合、確認ができる時期まで経過を観察となります。

既にhCGと胎嚢、胎児心拍が確認できている場合は切迫流産の原因にアプローチします。

治療出来るものは治療し、生活習慣など改善できる問題は改善指導となります。

切迫流産の症状(出血や痙攣、痛みなど)が一時的に緩和、消失する事があっても出産まで再発を繰り返す場合もあるので注意が必要です。

  • 痛みの増強
  • 痙攣が悪化
  • 不正出血が増える
  • 発熱

など、上記の症状が見られれば速やかにかかりつけの医療機関に相談しましょう。

管理人:えりこ
切迫流産中のセックスは厳禁です。

切迫流産の症状は繰り返す場合も多いので、症状が無くなっても1週間以上完全になくなるまではセックスは控えましょう。

不安な場合は掛かりつけの医師に相談しましょう。


切迫流産の予防

注射器と青の手袋をつけた手

切迫流産を予測したり、流産を防ぐ方法は残念ながらありません。

少しでも流産のリスクを減らしたい方は以下の点に注意してください。

  • アルコールは摂取しない
  • インフルエンザや風疹の予防接種を受けておく。
  • 感染症の治療はしておく。
  • ストレスを溜めすぎない。
  • 高血圧や糖尿病はしっかりコントロール出来るようにしておく。
  • コーヒーなどカフェインの量には注意する。
  • 体を冷やしすぎない。
  • 妊娠を考えている時は風邪薬でも服用には注意する。
  • 妊娠前から葉酸を摂取する。

切迫流産になった時の予後

テーブルに塞ぎ込む女性の後ろに怪しい人影

妊婦した女性の約15%は流産を経験しています。

流産の9割は胎児側の原因によるもので、妊娠12週まで起こっています。

妊娠初期はお腹の中で赤ちゃんも不安定な状態にある為不正出血が起こりやすく、それに伴い切迫流産と診断される場合があります。

管理人:えりこ
原因が胎児によるものでは残念ながら流産という結果は回避できませんが、胎児による原因ではない場合は妊娠の継続も可能です。

実際に切迫流産の半数は止血し妊娠を継続していますし、出血を繰り返しながらも無事出産されている方も多くおられます。

切迫流産は診断された時点でその出血が染色体異常(胎児側の原因)なのか、妊娠初期にありがちな出血なのか判断できません。

その為に赤ちゃんが元気に育っているかの経過観察が必要となります。

妊娠週数によりチェック項目は違いますが、流産になる確率が高い妊娠12週を妊娠継続状態で経過できるかが1つの山場です。

妊娠12週以降は切迫早産の対応となります。

原因は母体側になる為、改善すべき問題を改善しながら少しでも長くお腹の中にいれるようにします。

更新日: